サイトコンサルときどきアフィリエイト情報

パンダが空を

雑記

おってぃ式外注戦略。良いライターさんを獲得する方法

投稿日:

この記事では、クラウドソーシング(クラウドワークス・ランサーズ)を主とした外部ライターさんに仕事を依頼する方法をまとめてあります。

次の内容を書いていきます。

 

  • ライターの単価を抑える方法
  • 相性の良いライターを見つける
  • ライターのやりとりはどうすればいいのか
  • ライターに依頼する文字数は?

 

なんとこの記事、無料でも読めるのに現世なら有料でも読めてしまいます!今なら100%オン!!まさかの1万円で販売中です(ほんとにネタで売ってます)。

 

無料級の記事を有料noteで販売中

 

 

はい。

 

今回は真面目です。4000文字ぐらいですが、3分ほどで読めるので「これは使えそうだな」と少しでもヒントになれば幸いです。

クラウドソーシングを1回でも使った人を対象に書いています。なので「クラウドソーシングとは?」の説明などは省きます。

 

ぼくは主にクラウドワークスを使っているので、良かったらこの機会に登録してください。

もちろんアフィリエイトリンクです。ぜひ踏んでくださいね。

クラウドワークスに登録する

 

ライターの単価を抑える方法

基本的にぼくはタスクでライターの募集をかけます。

タスクの文字単価としては0.1円が基本です。それでも500~1000文字以上書いてくれる方もいます。

 

次のような募集タイトルにします。

【カンタン3分】あなたが食べたラーメンの評価を教えて!(アンケート)

説明しやすいように、ラーメンのレビューにします。(実際の案件はありません)

 

ポイントを解説します。

【カンタン3分】…言わずもがな。「3分でできる案件、見てみようかな」

まずは案件を見てもらうことが大事です。【】とカタカナにすることで強調します。

あなたが食べたラーメンの評価を教えて!…誰にでもできそうな内容にします。

(アンケート)…「アンケート形式なら私にもできるかも」と思ってもらいます。

 

タスク依頼内容

具体的に書く必要は無く、1~2分でさらっと読める内容にします。

この募集における依頼時の注意点は()内に書いておきます。

 

▼案件内容

【概要】あなたが食べたラーメンの評価をアンケートで答えてください。

【対象】誰でもOK!何度でもOK!!(クソ記事書いたらブロックするから)

【内容】この1年で食べて美味しかったorまずかったラーメンをアンケート形式で教えてください。ラーメンの写真も添えてください。店内写真があるとなお良しです!!推しラーメンを広めましょう。

【注意】

・記事のコピペは承認しません。(簡潔に言い切る)

・ネットで拾った写真は承認しません。(簡潔に言い切る)

・記事とは無関係な文字数稼ぎは承認しません。(顔文字などを禁止)

 

続いて、仕事のフォームです。ここでも()内に補足を書いていきます。

▼仕事のフォーム

①どちらか選んでください(ラジオボタンにすることで作業に着手させる【ここテストに出ます】)

  • 店舗 〇通販

 

②店員の態度を5段階評価してください。(同じく2秒で判断できる内容にする)

例:1:最悪 2:挨拶なし 3:普通 4:良かった 5:退店時店先まで見送ってくれた

 

この時点で「②までやったし、続けるかぁ」と5割以上の人は思うはず。根拠無いですが、体感です)

 

③ラーメンの評価レポを150文字以上で自由記入してください(内容によって文字数を変えてください)

例:鶏ガラ出汁でとった濃厚なスープを一口飲むと、襲い来る煮干しの風味。まさに旨さの三重奏。トッピン具は味玉、鶏チャーシュー、ネギ、ほうれん草、これで980円はずいぶんお得です!自家製麺はこの店独特の加水率でもっちもち。絶妙な縮れ具合でスープに絡むので、麺を食べながらスープを飲んでいる感じです。(具体的な例を書いておきます)

 

④また利用したいと思いますか?そう感じたのはなぜですか?100文字ほどでお答えください。

例:このラーメン屋はクーポンとスタンプが付いてきて、10杯食べると1杯無料なんです。それと、領収書も白で切ってくれるので会社の経費で済むのも嬉しいですね。会社から近く、美味しいのもあります。季節商品もあるので、行く度に違うメニューがあるのもいいですね。(具体的な例を書いておきます)

 

⑤おすすめ度を教えてください。★が多いほど評価は高いです。

例:★☆☆☆☆

 

解説したタスクを10件ほど募集かけて様子見して、即埋まれば再募集をかけます。

終了したタスクに新規案件のURLを追記して内部リンクみたいに誘導するのもありです。

お気に入り登録した方へ通知が行くので、何度でも書いてくれる人もいます。

こうしたタスク案件をぼくは、40~70円/件で募集します。が、買い叩いているわけではありません。

 

買い叩きたいわけではない

ライターの相場って0.5~1円/件が相場とも言われたりしますが、全員品質の高い記事を書いてくれるわけではありません。

中には悪質な人もいて、コピペ記事、リライト、バックレなど後を絶ちません。

一生懸命書いてくださっても、駄文乱文、句読点が多いor少ない、接続詞がおかしいなど、申し訳ないけど記事として使えない内容もあります。これはどんなに注意事項で促しても4割は使えない記事を書いてきます。止められません。

 

クラウドソーシングの運営なんとかしろよ!!

と思ったこともありますが、ライターの品質を上げるのが彼らの仕事ではないですからね。システムを提供するのが仕事です。諦めましょう。

集めたタスク記事は、使えるものは使います。ひどいクソ記事はリライトするか捨てます。

 

相性の良いライターさんを見つける

タスク記事の中から、自分と相性の良いライターさんを見つけます。経験的に、10人に1人はいます。その人にコンタクトを取り、ベタ褒めし、「あなた用にプロジェクト案件を立ち上げたい。単価は●倍にする」と伝えます。

 

70円として3倍でも210円…。ここは●倍にすると言った方が多く見えますからね。

これを繰り返せば、腕の良いライターを獲得することができます。

 

もちろん、ライターを正式採用した時は単価を大幅UPし、なるべくなら1文字1円以上にします。モチベーションも上がりますからね。

 

単価を上げすぎないこと

気を付けたいのは、単価を上げすぎないこと。単価を上げても品質がぐんと上がるわけではありません。むしろ、単価が上がり傲慢になり怠慢が生じ、外注の外注化が発生することもあります。いわゆる中抜きですね。

 

単価を上げるより、ライターさんがやりやすい仕事を適度なペースと量で依頼を増やしてください。

ライターさんには10回に1回ぐらい1000~5000円ぐらい多めに払ってあげるのでも良いと思います。ボーナス感覚ですね。

 

ライターのやりとりはどうすればいいのか

意外と悩んでいると聞くのがこれ。ライターさんとどんなやり取りをしたらいいのか。

下手すると悪い評価を付けられ、クラウドソーシングでの募集も集まりにくくなります。

 

基本的には感謝と褒め言葉から入ってください。

  • こんなに早い納品ありがとうございます!
  • 誤字脱字が無く助かりました!
  • 読みやすく、スラスラ頭に入ってきました!
  • しっかりとリサーチしてくれてありがとうございます!
  • 私の世界観とマッチしていて共感を覚えました!!

 

褒める内容はなんでもいいです。とにかく褒め、良いポイントをあげます。

あとは仕事の内容に沿って修正や加筆依頼し、問題無ければ承認するだけ。

 

赤ペンの量が多くなったら最後に「修正が多くなってすみません、私の指示不足でした。次から気を付けます!」と添えてください。

自分の非を認めることで相手も受け入れやすくなります。

(「依頼事項に無かったから無理」と言われたら「追加料金払うのでお願い」と言いましょう)

 

やっぱり相性が悪かったら?

タスク記事では良かったのに、プロジェクト案件になると「クソ記事が納品された」って人もいます。

これも仕方無いです。さっさと切りたいですよね?お互いのために。

 

この場合は、スーパー赤ペン先生します。要は難癖つけます。

  • 依頼内容では○○を書いて欲しいと書いてあるのに、それが無い
  • 誤字脱字が多く、句読点も多い。読みにくいのでリライトしてほしい
  • 納品前に一度読みましたか?違和感ありませんか??

 

これだけだと最低評価つきそうですね?こう伝えます。

指摘した修正を直して再度納品していただくか、既に納品いただいた記事を承認する代わりに案件を終了するか選んでください。

 

これで90%の人は案件を終了します。終了を選んだら即評価します。もちろん良い評価です。

ここでも必ず褒めます。

  • コミュニケーションは良かったです。またご縁がありましたらお願いしたいです。
  • 納品が早かったです。スピード感を求めている人には良いのではないでしょうか。

たったこれだけですが、今まで悪い評価を付けられたことはありません。

記事の依頼料金は勉強代だと思って枕を濡らしてください。

 

ライターに依頼する文字数は?

獲得した相性の良いライターさんに依頼するプロジェクト案件の文字数についてサクッと解説します。

文字数は記事の構成にもよりますが、最低300文字です。

今までの経験で300文字以上書けばGoogleにインデックスされるのと、アドセンス広告が表示されることがわかりました。

ぼくはだいたい300~1000文字を目安に依頼しています。文字単価は0.5円~1円です。文字数が多いと修正&リライトも大変ですからね。

 

おってぃ式外注戦略まとめ

  • タスクはライター集め&記事集め
  • 相性の良いライターを獲得する
  • ライターをとにかく褒め感謝する
  • 相性悪かったら赤ペンしまくる
  • 文字数は300文字~1000文字

 

すごい外注ライター(おまけ)

キラーページなどの大事な部分は自分で書いてください。

ライターさんだとプロレベルでもなかなか難しいし、自分の考えと違うとストレス溜まりますからね。

それでもCVRを上げたい方はすごい外注ライターさんを抱える、のーまねーさんに依頼してください。

毎月50万円くらい稼ぐアフィリエイターの記事外注サービス

のーまねーさんのTwitterアカウント

 

ひと言で伝えると「やばい」です。

 

めっちゃ見て欲しい記事

1

おはようの人も、これからおやすみの人も、こんにちは。 サイト診断ブロガー兼アフィリエイターかつサラリーマンのおってぃと申します。 Twitterで話題となった「おってぃコンサル」をサービスとして始めま ...

-雑記

Copyright© パンダが空を , 2019 All Rights Reserved.