来世できっと役に立つ情報サイト

パンダが空を

雑記

xserverからmixhostの移行まとめ。404にご注意を

更新日:

エックスサーバーからミックスホストに移行したのでまとめていきます。

 

移行の流れ

▼凡例

[X] エックスサーバー
[M] ミックスホスト
[N] ネームサーバー
[P] ご自分のパソコン

  1. [M] 登録&プラン契約
  2. [M] ドメイン設定
  3. [M] SSL設定(反映に1~3日かかる)作業不要?
  4. [X] All-in-One WP Migrationでエクスポート
  5. [P] hosts変更
  6. [M] WordPressインストール
  7. [M] All-in-One WP Migrationでインポート
  8. [N] ネームサーバー向き先変更(反映に1~3日かかる)
  9. [M] httpsサイトはミックスコンテンツに注意
  10. [M] Really Simple SSLプラグインを入れる
  11. [P] hosts設定戻し
  12. [P] IEキャッシュクリア

手順

MIXHOSTへ登録&プラン契約

まだ登録がお済で無い方はこちらから登録をどうぞ。

afbにてセルフバックができますが、ぼくのアフィリエイトリンクから登録してもらえるならありがたいです。

mixhost

プラン変更はボタンひとつでできるので、まずは30日無料使用&いちばん安いプランでもいいと思います。

 

MIXHOSTでドメイン設定

MIXHOSTのcPanelにログインし、以下の手順を実施します。

https://support.mixhost.jp/207

 

http や https を省き、ドメイン後のスラッシュも省きます。

wwwの有無は個別の環境によります。

 

※PVがあるサイトならここですぐにネームサーバーの設定を変更しないでください。

ネームサーバー変更は全ての移行が完了し、最後の最後でも大丈夫です。

 

MIXHOSTでSSL設定する

MIXHOSTに問い合わせたところ、SSLはネームサーバーを切り替えるだけで自動的に付与されると回答をいただきました。

よって、一般の設定にてhttp→httpsに切り替えるだけです。

コンテンツの内部リンク等は別途注意が必要ですが。

 

SSL設定を行います。httpsではないサイトならこの項目はすっ飛ばしてください。

SSL設定の反映に1~3日かかるので、先にやっておきます。

※この作業もしかしたら不要かもしれません。

公式の記述では独自ドメイン設定でSSLまで入ってるような書きっぷり。

 

▼SSL設定手順

  1. cPanel > SSL/TLS にアクセスします。
  2. サイトの SSL のインストールおよび管理 (HTTPS) の項目へ移動
  3. SSL サイトを管理します。をクリック
  4. SSL Web サイトをインストールしますの項目へ移動
  5. ドメインの選択にて対象のドメインを選択
  6. ドメインによる自動選択ボタンをクリック
  7. 証明書のインストールをクリック
  8. 完了メッセージ
  9. ドメイン数分作業を繰り返す

Xサーバーからデータをエクスポート

プラグインAll-in-One WP Migrationをインストール。

詳細はこちら

https://support.mixhost.jp/629#WordPress-2

mixhostでの移転事前準備まで来たら次へ

 

お手持ちのパソコンのhosts変更

hostsファイルの操作には十分注意し、不安であればバックアップとしてファイルをコピペしておくこと。

C:\Windows\System32\drivers\etc のフォルダにある hosts ファイルをデスクトップにコピペする。

事前にMIXHOSTのIPアドレスを調べておくと良いです。

https://support.mixhost.jp/670

 

hosts変更手順はこちら。

https://support.mixhost.jp/674

 

この作業により、ネームサーバーの設定を変更せず、先にインポートが行なえます。

 

WordPressインストール&インポート

WordPressインストール時、ディレクトリ項目に「wp」が入っているので空欄にすること。

手順詳細はこちら。

https://support.mixhost.jp/629#WordPress-3

 

SSLの設定が未反映なら最大72時間待ってから次の作業を行った方が良いかと。

 

テーマップロードやインポートサイズでエラーになったら、アップロード上限サイズを変更する。

参考ページ https://support.mixhost.jp/288

 

ネームサーバー向き先変更

ご契約しているネームサーバーにて設定を変更する。

お名前 https://support.mixhost.jp/865#com

ムームードメイン https://support.mixhost.jp/865#i

VALUEドメイン https://support.mixhost.jp/865#VALUE-DOMAIN

 

変更箇所が分かっている人はこちらをどうぞ。

ネームサーバー1 ns1.mixhost.jp
ネームサーバー2 ns2.mixhost.jp
ネームサーバー3 ns3.mixhost.jp
ネームサーバー4 ns4.mixhost.jp
ネームサーバー5 ns5.mixhost.jp

反映まで最大72時間程度かかるとのこと。

 

httpsサイトはミックスコンテンツに注意

httpからhttps化したサイトで、一括変換で作業していなかったりするとミックスコンテンツ(httpとhttps混在)になります。

※次の項目、プラグインで対応できそう。

よくあるのが、画像でレスポンシブデザイン対応として "src=http://~" となっていることが多いです。

アドレスバーの証明書の箇所にて警告が表示されているなら、この際修正してしまいましょう。

こちらを参考に修正してください。

https://support.mixhost.jp/1304

 

Really Simple SSLプラグインを入れる

SSL化は自動でも、httpから始まるURLは生きています。

前項目のミックスコンテンツもこのプラグインで一括変更されるらしいです。(検証する前に手で直しちゃった)

mixhost推奨のプラグイン「Really Simple SSL」を追加して有効化するだけ。

https://support.mixhost.jp/1584

 

hostsファイルの設定を戻す

hostsファイルの操作には十分注意し、不安であればバックアップとしてファイルをコピペしておくこと。

C:\Windows\System32\drivers\etc のフォルダにある hosts ファイルをデスクトップにコピペする。

 

hosts変更手順はこちら。

https://support.mixhost.jp/674

 

IEキャッシュクリア

InternetExplorerでの動作確認であれば、キャッシュが残っているとSSLで警告が表示されることがあります。

キャッシュをクリアしてから時間を置いてアクセスしてみてください。

http://ebid-portal.kumamoto-idc.pref.kumamoto.jp/cache_clear_ie.html

 

 

404エラー対処

XサーバーでSSL設定のために.htaccessを設定していた場合、全記事404が発生します。

パーマリンク変更にて、何も変更を加えずに設定を押せば.htaccessへの反映となり、404を解消できます。

https://support.mixhost.jp/1508

 

おすすめの方法

Duplicatorで引っ越しすると面倒。

DuplicatorだとFTPソフトを使わなければならないそうで、めんどくさい。

おすすめはAll-in-One WP Migrationです。

参考ページ https://support.mixhost.jp/629

 

 

まとめ

cPanelは慣れるまで面倒ですが、慣れれば大したことないです。

httpsでWordpressをインストールしておけばhtaccessの変更もないし。

ネームサーバーの反映に数時間~最大72時間要すので、専業アフィリエイターさんなんかは深夜帯など、アクセスが極限に少ない時間帯に実施が必要かもしれません。

SSLの反映にも別途時間がかかる可能性があるため、Webサイトが数時間~3日程度停止する可能性があります。

 

ちなみに紹介されている以外にプラグインで移行を実施しようとしましたが、相性が悪いのかすんなりいかず。

推奨されているプラグインでの移行がいいですね。

 

アンケート

アンケートへ投票してハワイに行こう!!
※ハワイへの旅費全般は自費でお願いします。

現世で役に立ちそうですか?

結果を見る

Loading ... Loading ...

-雑記

Copyright© パンダが空を , 2018 All Rights Reserved.