サイトコンサルときどきアフィリエイト情報

パンダが空を

雑記

記事を書くモチベーションを上げる方法

アフィリエイターやブロガーの方、モチベーションを維持したり上げたりするの大変ですよね?

ぼくも本業が終わって帰って家事やってヘトヘトになり心が折れ風呂入って酒飲んで寝たくなる日もあります。

そんな時こそ、これから紹介する方法を実践し記事を書く モチベーションアップ させパソコンに向かっています。

 

この記事は有料でも読めます

この記事はNoteにて有料でも読めます。

このまま無料でも読めます(えっ!?)

Noteで100円払ってくれた人には心から感謝を申し上げ、その人がいるであろう方角に深くおじぎをします。

Noteのリンク先(別ウィンドウ)

 

本文は冗談控え目です(たまには真面目)。

 

 

1文字だけ書く

 

パソコンを開く気力があれば、記事を新規作成し好きな文字を1文字だけ書いてください。

「あ」でも「お」でもいいし、記事の書き出しとは縁遠い「ん」でもいい。

 

1文字書けましたね?

ではもう1文字書いてみましょう。

さらにもう1文字。

 

長くなってきましたか?

では箇条書きはいかがですか?

箇条書きが増えてきたら整えて文章にしませんか?

 

気付けば1000文字ぐらい無我夢中で書いていますよ。

 

自画自賛式

 

パソコンを開く気力が無い人におすすめの方法です。

 

自分の記事をただただ読んでください。

手元にあるスマホが良いですね。

ソファやベッドでゴロゴロするもよし好きな体勢でリラックスしてください。

 

スマホであなたのサイトにアクセスして自分の記事を開きます。

せっかくなのでキラーページにしましょうか。

自分で書いたものなら少なからず自信を持っているはずなので…。

 

この導線はよくできている

画像の使い方が秀逸だね

 

などなど自分で書いた記事を褒めてください。

しかし、読み進めているとこんな感情が湧いてきます。

 

この表現よりこっちの方がCVしそう

あれ?ここ矛盾してる…

気になってきた。修正しよう

 

ゴロゴロしていたかと思いきや、いつの間にかパソコンを開きリライトを始めたくなっています。

モチベーションが無い・低いと言っていたのはどこへやら。

 

これは椅子に体を縛り付けてまで記事を書き、努力されて稼いでいるアフィリエイターさんが言ってた方法です。

ぼくが勝手に命名し、実践して感じた内容を補記しました。

 

憧れのクロネコ屋さん、スーパーアフィリエイターさんもこう言ってます。

自分の記事を読むって、モチベーションが回復もするんですね。

 

「哲学の道」を作る

 

突然ですが、京都市左京区にある琵琶湖疏水分線に沿った歩道、通称「哲学の道」を聞いたことはありますか?

京都大学の哲学者・西田幾多郎が思案するために歩いたとされます。

その道は別名「思索の道」とも呼ばれ地域住民や観光する人に親しまれているそうです。

 

モチベーションが下がっている人こそ、歩いてください。

京都に行って哲学の道を歩けとは言いません。

家から一歩出て、そこら辺をお散歩してください。

 

一点だけ注意があります。

歩き慣れた道を、履きなれた靴で歩いてください。

不慣れな道・新しい道だと脳は新しく見た情報を記憶しようと、そちらに気を取られます。

周りの風景を意識することなく歩ける道が良いですね。

 

 

 歩くと良いことたくさん

 

人間の脳は一定パターンの刺激を与えることによりアルファ波が出てリラックスするため、集中力が増すと言われています。

足に溜まっている血液は歩くことによりふくらはぎがポンプの役目を果たし、心臓、そして脳へ新鮮な血液を送ります。

考えるためにエネルギーを使うと脳はフル回転するので、歩きながら考えるというのはすごく合理的なんですね。

歩くと健康増進効果も期待できるので、まさに一石二鳥。

 

雨天や強風で外を歩けないのであれば部屋の中をぐるぐる回ってください。

行ったり来たりの往復より、一定のスピードで歩くのがおすすめ。

歩くために邪魔なものをどかし、テーブルなどの対象物を中心にひたすら回りましょう。

 

ぜひ、あなただけの「哲学の道」を作ってください。

 

人に会う。人と話す

 

今やSNSで人と人の距離を縮められる時代なので、人に会いに行ってください。

 

孤独は人も、やる気も殺します。

逆に、人に会い刺激を受けるとやる気が湧いてきます。

 

「自分はまだ稼いでないから申し訳ない」

こんなこと考える必要ありません。

 

今ではスーパーアフィリエイターさんも昔は稼いでなかったけどこうした行動が良い結果をもたらします。

 

旨いうなぎを食べに誘ってもいいし、

昼過ぎにパンケーキ屋でお茶して真面目に話すも良し、

1人で悩んでモヤモヤしているより人に会って色んなことをたくさん話してください。

 

やるべきことが自然とわかってくるはずです。

 

モチベーションなんてものはみんな無い

そもそも論、みんなモチベーションなんてものは無いんです。

好きだから書いてる…ベストofベスト

机に向かえば書きたくなる…いいですね

家族の為を想って書く…全米が泣くわ

社会貢献につながる…素晴らしい

 

誰もがゼロからモチベーションを作り、記事を書く手を動かします。

モチベーションを作るきっかけ・スイッチをいくつか持っておいてください。

 

誘惑が多すぎる

 

モチベーションを上げるのも大事ですが、下げない努力をしてください。

私達の身の回りは誘惑で満ち溢れています。

  • 24時間見れるTVやネット動画
  • 夜遅くまでやっている居酒屋、コンビニ
  • スマホを開けばゲームもSNSで誰かとつながれる

 

ぼくも移動中や仕事の休憩中にTwitterをすることが多いですが、うっかり1時間ぐらいTLを眺めリプを送るなんてこともあります(いつもクソリプごめんなさい)。

稼いでる人も稼いでない人も平等なのは 時間だけ なので、1日24時間を有効に使えているかがとても重要です。

誘惑が多いですがそれに負けず、パソコンに向かい記事を書いてください。

 

鏡を置き常に自分を監視する

 

カフェで作業中、キレイなおねえさん・イケメンのおにいさんが通ったら背筋がピッとなってパッと作業したこと、ありませんか?

人は「誰かに見られていること」を意識すると頑張りたくなるもの。

しかし、1人で作業をしている方は外出せず家にこもりっきりで書くことが多いのでは?

 

そんなときこそ鏡を置いて常に自分が見られていることを意識してください。

姿勢も背筋をピンとしているほうが健康にも良いので、顔から胸辺りまで映る鏡が良いでしょう。

 

するとどうでしょう?作業の手を休めふと鏡を見ると映るのは。

疲れた顔してる? → 休みましょう

姿勢が崩れてる? → 今すぐ直して!

イキイキしてる? → その調子♪

 

100均でもおしゃれな鏡もあるし、なければDIYしてデコってもいいです。

自分の顔や姿勢を見てシャキッとしてみませんか?

 

あとがき

モチベーションアップの方法を振り返ってみましょう。

  • 1文字だけ書く
  • 自画自賛式
  • 「哲学の道」を作る
  • 人に会う。人と話す
  • 下げない努力をする

 

どれも今からできる内容ですね。

自己啓発の本には書いてないかもしれません。

 

もし、1つでも実践してお役に立てたら何よりです。

 

最後に「哲学の道」で紹介した西田幾多郎が読んだ歌をご紹介します。

人は人 吾はわれ也 とにかくに 吾行く道を 吾は行くなり

参考:Wikipedia

 

どうか、人に惑わされずあなただけの人生を歩んでください。

 

めっちゃ見て欲しい記事

1

おはようの人も、これからおやすみの人も、こんにちは。 サイト診断ブロガー兼アフィリエイターかつサラリーマンのおってぃと申します。 Twitterで話題となった「おってぃコンサル」をサービスとして始めま ...

-雑記

Copyright© パンダが空を , 2019 All Rights Reserved.